• レシピ提供:いわさあやか
  • 撮影:伊藤亜莉/中村鷹聖

いわさあやか

フードクリエイター。
1985年、岡山県生まれ。
都内を中心に活動ののち、フランスへ。
年に数度開催されるパリファッションウィークでは現地でファッションブランドへのケータリング。東京ではプライベートレッスンや撮影のフードコーディネート、レシピ制作などを行なっている。
Instagramアカウント:https://www.instagram.com/ayakaiwasa/

こんにちは!今回は、いつかぜひご紹介したいと思っていた自家製パンの作り方をご紹介しようと思います。

少し時間はかかりますが、覚えてしまえば手順はとてもシンプルなので、ぜひ挑戦していただければと思います。焼きたての美味しさは格別で感動ですよ!

アレンジレシピも、私自身が普段よく作っているものをいくつかご紹介させていただきました。旬の素材や好きな具材と組み合わせて自由に楽しんでくださいね。

■基本のミルクグラハムブレッド

[材料]
A…
全粒粉 50g
強力粉 200g
天然塩 5g
B…
牛乳  170g
はちみつ 10g
オリーブオイル 10g
ドライイースト 小さじ1/2
打ち粉として強力粉 適量
[下準備]

•少し深さのあるフライパンまたは、直径が広めの鍋に湯煎用の湯を沸かし、沸騰したら火を止める。

•大きめのボウルにAの材料(粉類はふるいにかける)、中くらいのボウルにBの材料、プリンカップ などの小さな容器にドライイーストをそれぞれ計量しておく。

[作り方]

1、Bの材料が入ったボウルを湯煎にかけながら指で混ぜ、約30-33度に温度をつける。
調理用温度計があればもちろん使って良いですが、人肌より少しぬるいくらいが目安です。

2、イーストの入った容器に1の液体をひとすくい入れて指でしっかり溶かしたら、1のボウルに全て加えて手でざっと混ぜる。

3、Aの材料が入ったボウルの中身を手でざっと混ぜてから2の液体を加え、一気に混ぜてひとまとめにする。
この時点では、まだ捏ねることは意識しなくてOK。

4、台の上に生地を出して、約10分捏ねる。
 ゆっくりと体重をかけながら、表面がつるんとしてくるまで捏ねる。

5、捏ねあがったらなるべく表面を張らせて、生地を丸くひとまとめにし、閉じ目を下にしてボウルに入れてラップをぴっちりかける。約30度の場所で1時間から1時間半様子をみながら発酵させる。

6、生地のかさが約2倍に膨らみ、フィンガーテスト(人差し指の第二関節まで強力粉をつけてゆっくりと生地の中心まで差し込み、抜いても穴が塞がらなければok)で確認する。発酵が完了したら台の上に出し、軽く強力粉粉をはたいた手のひらで押してガス抜きする。

7、ドライフルーツやナッツなど生地にフィリングを混ぜたい場合はこの時点で、3、4回に分けて折り畳み込むように混ぜ込む。

大きく焼く場合はそのまま丸め、プチパンにする場合は8等分にカードで切って丸め直す。

8、天板にオーブンシートを敷き、感覚を開けて並べ、濡れぶきんをかぶせる。
約30度で45分発酵させる。(発酵があがる手前でオーブンを190度に予熱スタートする

9 、好みで表面にハサミやナイフで切り込みを入れ、茶こしで強力粉をふるってから、 190度のオーブンで。

プチパンの場合約20分、分割せずに焼く場合は約25-30分焼きあげる。

そのままひとつにまとめて焼き上げればタルティーヌなどにぴったりな大きさに
丸めてプチパンにしても食べやすくておすすめです。食べきれない場合はそのまま冷凍しても保存が可能です。
[ポイント]

☆生地に加える水分は、牛乳の一部を水に変えたり、豆乳やヨーグルトに変えても作れます。

水に変える場合は牛乳よりベタつきやすくなるので全体の水分量をやや少なめに、 豆乳やヨーグルトは逆に少し増やしてみてください。

扱う粉の銘柄によって差があるので加減しながらお試しください。

☆オリーブオイルの代わりにバター、菜種油、アーモンドオイルや米油。
はちみつの代わりに砂糖でももちろん作れます。

☆よりイーストの量を減らしたい場合は、半量まで減らしてもつくれますが、その分1回目の発酵時間が、2時間ほどに伸びます。

☆練り込むものでアレンジも可能です。ナッツやドライフルーツなどお好きなものを練り込んでみてください。今回は旬のとうもろこしの甘さを存分に味わえるとうもろこしのフォカッチャを紹介します。

とうもろこしのフォカッチャ

[作り方]

粉をすべて強力粉に変え、身を削いだとうもろこしを1/2-1本分弱混ぜ込む。

2回目の発酵前に二等分にして丸め直しておき、オーブンに入れる手前で、濡れぶきん越しに指で穴を空けてオリーブオイル適量を回しかけ、塩、胡椒をふってから焼き上げる。

ミルクグラハムブレッドを使ったアレンジレシピ

基本のミルクグラハムブレッドを使ったアレンジレシピをご紹介します。市販のパンを使ってもできますのでぜひ試してみてください。

チェリーと生ハム、マスカルポーネのタルティーヌ

[材料]

•好みのパン   2枚
(全粒粉がはいったカンパーニュなどがおすすめ)

•生ハム  適量

•チェリー   8-10粒
(半割りにして種を取る)

•マスカルポーネチーズ  適量

•オリーブオイル、塩、胡椒  各適量

 

•ローズマリー 適量

[作り方]

①パンにマスカルポーネチーズを好きなだけ塗り、生ハム、チェリーをのせる。

②好みでオリーブオイルを軽くふってローズマリーの葉を散らす。

サーモンとシトラスのタルティーヌ

[材料]
[材料 2人分]

•好みのパン   2枚
(全粒粉がはいったカンパーニュなどがおすすめ)

•スモークサーモン 4-6切

•好みの柑橘   適量
(オレンジ、グレープフルーツ、甘夏、はっさくなどお好みで。数種類ミックスしてもok)

•クリームチーズ  適量
(プレーンもしくは、ハーブフレーバーのものなどお好みで◎)

•オリーブオイル、塩、胡椒  各適量

•ミントまたはバジル 適量

[作り方]

①パンにクリームチーズを好きなだけ塗り、サーモン、フルーツをのせる。

②胡椒をひき、好みでオリーブオイルを軽くふってミントまたはバジルを散らす。
アクセントに、粒が大きめの塩を少々を散らしてもおいしいです。